• Search

食品廃棄ワーキンググループは、グローバル最新動向及び、他業界・業種の取組みを学び、サプライチェーン全体を視野に上流・下流と相互協力して食品廃棄削減を推進します。

【活動目標】

ワーキンググループ参加各社は立場や戦略が異なります。また、削減の取組みは、自社としてやり尽し、新たな余地は限られているようにも見えます。そこで、下記2点を活動目標に、廃棄削減のヒントが得られるように活動しています。

■  SDG12.3 に沿い、バリューチェーン全体で食品廃棄削減を達成できるよう支援する

■  グッドプラクティスの発信、産地の課題解決の提案、消費者行動変容の為の啓発

 

【参加企業】(五十音順)

味の素株式会社

イオン株式会社

株式会社伊藤園

エスビー食品株式会社

カーギルジャパン合同会社

加藤産業株式会社

日本生活協同組合連合会

株式会社三菱総合研究所 

明治ホールディングス株式会社

株式会社ローソン

 

~子育て家庭への食の支援で企業連携支援~

国際NGOセーブ・ザ・チルドレン「子どもの食 応援ボックス」の提供について

 ・コンシューマーグッズフォーラム日本サステナビリティ・ローカル・グループと、WRIWorld Resources Institute:世界資源研究所)10×20×30食品廃棄削減イニシアティブ日本プロジェクト、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下、セーブ・ザ・チルドレン)の三者は、年末年始の冬休み期間に向け、経済的に困難な状況に置かれた家庭(5,200世帯)を対象に「子どもの食 応援ボックス」を提供しました。同三者の連携による子どもたちの長期休暇期間中の「子どもの食 応援ボックス」の提供は2021年夏・冬、2022年夏(各回3,200世帯)に続き、4回目となります。

 新型コロナの影響が長期化する中、物価上昇も重なり、冬休み期間を目前に、子どもたちの食の確保は大きな課題となっています。「子どもの食 応援ボックス」は、セーブ・ザ・チルドレンの日本国内の子どもの貧困問題解決の取り組みの一環として実施されており、募集から応援ボックス提供までをセーブ・ザ・チルドレンが担い、三者が各々の知見を活かして協業することで、単一の団体や企業では実現が困難な、活動規模の拡大、詰合せのバラエティ、効率的な運営を目指し、子育て家庭を応援するものです。また、有事の際にボランティア活動を実施するための企業連携基盤を構築する目的で、協力企業の従業員による応援ボックス梱包の作業ボランティア活動にも取り組みました。

 

【ワーキンググループ参加各社の取組みのご紹介】

20159国連総会で採択された17SDGsその中で、SDG12 持続可能な消費と生産の確保求めています

この目標の第3ターゲットであるSDG12.3は、「2030年までに小売や消費レベルでの一人当たりの食品廃棄物を半減し、生産とサプライチェーンにおける食品廃棄ロス削減すること」です。

2015年のSDGs採択から2030年の目標達成までほぼ中間地点にあたる本年より、当ワーキンググループ参加各社の食品廃棄削減の取組みを紹介させて頂きます。

(五十音順)

味の素株式会社  日本語版/JAP  英語版/ENG

イオン株式会社

株式会社伊藤園

エスビー食品株式会社     日本語版/JAP  

カーギルジャパン合同会社

加藤産業株式会社

日本生活協同組合連合会     日本語版/JAP  英語版/ENG

株式会社三菱総合研究所  日本語版/JAP  

明治ホールディングス株式会社     日本語版/JAP  

株式会社ローソン

本ウェブサイトに関するお問い合わせ先は  こちら