• Search

社会的サステナビリティ・ワーキング・グループ

活動の概要

2016年、CEO主導のCGF理事会にて、強制労働に関する業界初の社会決議と、強制労働の中核的な要因に対処するための業界の優先的な3つの原則(PIP)にコミットしました。

2017年11月、日本サステナビリティ・ローカル・グループ(JSLG)ステアリング・コミッティ発足後、2019年2月、社会的サステナビリティのスタディグループが立ち上がりました。行動連合の強制労働排除に向けた取り組みの方向性と連動すべく、様々な事例の研究から始めました。翌年、スタディグループをワーキンググループに改め、日本政府の「ビジネスと人権に関する行動計画」(NAP)への準備と各国の法制化(レベルプレイングフィールド)の流れへの対応、およびESG投資家・評価機関によるS(社会)への人権取組み強化への対応も目的に加えています。

同ワーキンググループ活動の大きな柱は2つです。人権デュー・ディリジェンス推進に向けた情報共有と強制労働排除に向けた協働の取り組みです。

2021年は日本固有の外国人技能実習生・特定技能の課題解決に重点を置き、責任ある雇用実現に向け、自社のみならずサプライヤーにおいても活用できるガイドラインを制作しました。2022年は、参加企業の関心にあったテーマを3つ(グリーバンスメカニズム研究、行政・業界団体への働きかけ、人権デュー・ディリジェンス推進)に絞り取り組んでいます。

 

本ウェブサイトに関するお問い合わせ先は  こちら